ブランディングをすれば、儲かるの?

こんにちは!みなさん、いかがお過ごしですか?

私は、早く来年にならないかなぁと、2021年を待ち焦がれています。もう、第3波とか辛すぎるので、早く2020年は終わってほしい。そして、早く2021年の春くらいになって、コロナを気にせず、ワクワクしたいです!

さて、今日はブランディングしたら、儲かるの?という・・・、率直なご質問にお答えしたいと思います。

ブランディングって、儲かるの?

ブランディングの資格を取得する際に、「勝手に売れる仕組みづくり」=ブランディングだと習いました。ブランディングと名の付く本はほぼすべて読んでますが、いくつかの本には、確かにそのように記載があります。

勝手にモノが売れていくなんて、何て儲かりそうな響き!!

って思いますね。でも。

勝手に売れたら、本当に儲かるのか?

私としては、前提事項がとても気になります。たとえば、勝手に売れたとしても、価格設定を間違っている(利益がほどんどでない設定)とか、お客様に届くまでのオペレーションやフォローが、すごく雑だったり遅かったりすると儲からない。

だから、ブランディングをすれば、儲かるか?という問いに対する私の回答は、はい!とは言い切れないです。どうしようもない商品や、必要とする人が少ないサービスや、手に入れるまでにやたらと時間と手間がかかるなど、よくわからないものをブランディングしたところで、ダメなものはダメです。ダメなものを良いようにブランディングなんてしたら、炎上して儲かるどころか・・・とんでもなく大変な損害が生じます。

市場・ニーズの問題、商材の問題、価格設定の問題、オペレーションの問題など、ブランディング以外のことをきちんとしているけれど、ブランディングだけ上手にできていないという前提なら、ブランディングしたら儲かるでしょう。

さつきデザイン事務所のブランディングのやり方

私たちのやり方は、まずブランディングをしていく上で、その事業や思想、金銭面が健全かどうかの確認をします。会社の経営状態など、まず数字で状況を把握します。ぱっとみてわかる資料がなければ、一緒に作っていきます。その中で問題だなぁ・・と思う部分は、これはこうしましょう、あれはああしましょうと議論を重ねます。利益が出ない(もしくはごくわずか)構造では、どんなに頑張っても、儲からないからです。それで、ブランディングにかかる制作費の値引きを命ぜられても何ともしがたいです。

結果を出すために、

変えてもらわねばならない部分は、

すべて伝えます。

それを、受け止めるか、拒絶するかはお客様次第です。変化を受け入れて、やり抜く意志を強く持てるか。今まで当たり前にやっていたことを変える、今まで気にしなかったことを気にする、180度変えないといけない部分も出てきます。それは、思っている以上に大変なことです。慣れ親しんだ習慣や考え方は、なかなか変えられないから。

だから、

流行りのブランディングを取り入れたら、儲かるんちゃうか?

そういう淡い期待は捨ててください。表面的なブランディングは、絶対にダメ、時間と経費の無駄で意味がないです。ブランディングは、とても重要でありますが、ビジネスを成功させる上での一要素でしかありません。ブランディングさえあれば、後は何もいらない・・・なんてことはありません。

ブランディング「も」必要。

申し上げたように、ブランディング以外に、他にも必要なものがたくさんあります。それをひとつひとつ丁寧に理解して、整えて、新しいコトやモノを取り入れて、ブランディングという概念で持って発信をしていく。これが、私のブランディングのやり方です。

最後に。

儲かるのか、儲からないのかという議論

この議論を、私はしたくありません。なぜなら、それは会社経営において、「儲けること」は当たり前のことだからです。いちいち儲かることについて議論することは、無駄でしかないです。会社経営しているのなら、あなたが今、空気を吸うのと同じくらい儲けることは当たり前のことです。「空気を吸う」ことについていちいち議論しないように、「儲けること」についても議論はしません。

私は、もし、あなたと一緒にブランディング戦略を立てていくことがあれば、ブランディングをしていく上でゴールを問います。「あなたは、何のためにこの事業をしようとしていますか?」と。その質問に答えるとき、儲けたい!ではなく、消費者+社会におけるあなたの存在意義を教えてください。わからなければ、一緒に探しましょう。

ということで、ブランディングしたら儲かるか?という問いに対する私の回答は、他の要素ちゃんとしてるなら「YES」、ブランディングだけでやろうとしているのなら「NO」です。

それでは、ごきげんよう。

— — /

さつきデザイン事務所(大阪府豊中市)は、パーソナルブランディング・コーポレートブランディングを主たる事業としています。人と企業(事業・商品含む)分析を行い、ビジネスシーンで使える「最強のブランド」を創造し、浸透させるお手伝いをしています。 中小企業もブランディングが、必要な時代です。さつきデザイン事務所では、特に、モノづくり企業、個人事業主の方々を応援しています!http://satsuki.design

We design brand to increase the value of personal and companies. Of course, we also create promotion tools based on brand.