自分らしいファッションとは

みなさん、こんにちは!

ファスティング(断食)を只今実施中で、頭痛がします。食を断つというのは、本当にツライですね。そんなに食に興味のない私でも、食べ物の写真を見ただけで、クラっとします。あぁ・・寒ブリが食べたい。

さて、食べ物のことは忘れて、今日は自分らしいファッションについてお話ししたいと思います。パーソナルブランディングをする際は、自分のお洋服について、気を配る必要があります。

Image for post
Image for post

自分に似合う服とは

極端な話をしますが、例えば弁護士なのに、短パンとよれよれのTシャツで、ビーチサンダルを履いて、頭はボサボサで、挨拶もロクにせずぶっきらぼうな人と、ビシッとスーツを着て、ネクタイを締め、靴も革靴できちんと手入れがされていて、頭も爽やかな短髪で、挨拶も丁寧で笑顔もステキな人だったら、どちらを相談相手に選びますか?

初対面で会ったときに、好印象なのはどちらでしょうか?ちなみに、同じ大学を出て、同じ年齢で、勝敗も同じくらいだとしてください。スキルは、変わらないってことです。

第一印象が大事な理由

おそらく大半の人が、ビシッとスーツを着た人に好印象を持ちます。第一印象というのは、思っている以上に重要です。人は、第一印象で「この人はきっとこういう人だ」と決めつけます。そして、自分の脳にインプットします。だから、2回目会ったときに、ちゃんとした格好をしたとしても、1回目の不安を払拭できないのです。

最初が肝心です。

あなたの内面の良さを知らない相手は、まず外見であなたを判断します。

だから、ターゲット(お客様)に嫌われない服装をしなければなりません。仕事中は、無頓着な服装より、お客様に好まれる安心感や清潔、信頼してもらえるような服装を選んでください。とはいえ、そんな服、自分には合わない!と思ったり、そもそもどんな服か想像つかない方もいらっしゃると思います。

Image for post
Image for post

あなたに似合う服って、どんな服?

世の中には、色々な診断サービスがあるので、ぜひ、使ってみてください。

骨格診断×パーソナルカラー診断

https://www.air-closet.com/personal-styling-shindan/

【顔タイプ診断】あなたに似合う服の系統や髪型、得意な色柄もわかる!

https://www.vivi.tv/shindan-kaotype1-top/

骨格診断×パーソナルカラーで見つける 私だけの!本当に似合う服

https://baycrews.jp/event/stylecheck/

こういうツールを使っても、どうにも自分で選べない人は、男性も女性もスーツを着たらよいと思います。体のサイズに合ったスーツを着れば、どこから見てもヘンには思われないです。あと、靴も忘れずに整えてくださいね。ちなみに、私のように自分の好きな服が着たいんだ!という強い思いのある方は、それがスタイルなのでそのままでよろしいと思います。

Image for post
Image for post

服にはあなたの可能性を広げる力があります

最後に。服をこよなく愛しているものからのアドバイスです。

服なんて、単なる・・・と思うかもしれませんが、私は、皆さんのパーソナルブランディングを構築する際に、たくさんお話しをしていきますが、その中でどういう服を着ることが望ましいか、どういう服が好きなのかがわかります。その方の雰囲気だったり、好みだったりもすべてわかってきます。だから、アドバイスをするのですが、揃って、「私には似合わない・・」と仰います。

自分が思っている似合うだとか、似合わないとかの枠にとらわれてはいけません。自分では選ばないものをあえて着てみて、自分自身の可能性を広げていく。その中で、あなたのスタイルが出来上がっていくのです。そして、あなたのお客様の脳裏に、ステキな印象で残るようになります。ぜひ、勇気を持って、試してみてくださいね。

— — /

さつきデザイン事務所(大阪府豊中市)は、パーソナルブランディング・コーポレートブランディングを主たる事業としています。人と企業(事業・商品含む)分析を行い、ビジネスシーンで使える「最強のブランド」を創造し、浸透させるお手伝いをしています。 中小企業もブランディングが、必要な時代です。さつきデザイン事務所では、特に、モノづくり企業、個人事業主の方々を応援しています!http://satsuki.design

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store