キュリアスメタルは、Arjowiggins(アルジョウィギンス株式会社)という17世紀に設立されたイギリスの製紙会社が製造した金属的な輝きを放つ美しいパール加工紙です。コンケラー、アルシュエキスプレシオ、リーブなど、みなさんもご存知の人気の高いブランドペーパーを作っている会社です。ちょっとおしゃれな名刺に使われていたり、ステーショナリーに使用されている紙ですね。

Arjowiggins(アルジョウィギンス株式会社)は環境の保護と尊重に取り組んでおり、貴重な資源を保護し、工場のエネルギー消費と排出を最小限に抑えることをされています。 さて、キュリアスメタルを使用して、今回はファイルを作りました。左の袋はマチなしで、右は10mmほどマチをとりました。キュリアスメタルはどこでも扱っている紙ですし、私も何度となく使ってきたのでいつでも在庫はあるだろうと思っていましたが、コロナの影響?で入手困難となっており、ヒヤヒヤしましたね・・・。(最終的には確保できましたが)そして思っていたより高かったです。 私の拘りポイントは、この斜めの角度です。中に入る資料が美しくみえて、落ちにくいようにしました。ただ、切り口と貼り方に何度か行ったり来たりがありました。切り口の美しさや貼りの丁寧さに拘ったためです。また、合紙して強度の調整をするのにも何度か試作を行いました。あまりにしっかりしすぎても重いし、だからといって、あまりに薄い紙を使うと強度が足りないし。簡単なようで、難しい紙の組み合わせ方。

Image for post
Image for post

グラフィック自体は、バインダーと同じく、社名のロゴを表紙に箔押しで入れるのみにしました。(見せることができず、すみません・・・)そしてこのツールは、何に使うかというと、お客様に商品を提案をしに行く際に、資料をはさみます。クリアファイルでよくない?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、丁寧に用意された提案書からは、商品以外のことも伝わると思うのです。 ご自分が提案される側だったら雑多に用意されたモノと丁寧に用意されたもの、どっちがいいでしょうか。私は、ちゃんと自分だけのために用意してくれた提案なんだなと感じながら、お話しをゆっくりお聞きしたいです。

みなさん、こんにちは!

アップルウォッチのいい感じの使い方がイマイチわからない日々を送っています。こういう使い方おすすめ!という情報、もしよかったら教えてください。みんなは時間を知る以外に、何に使ってるの?

Image for post
Image for post

さて今日は、なぜ、ブランディングが、必要なのかについて、お話ししたいと思います。

とってもシンプルな問い。なんて答えよう?

私としての答えは、なぜなら、今、どんどん個にフォーカスされているからです。個にフォーカスされると、なぜブランディングが必要になってくるかというと、なぜなら、自分を発信できるテクニックを持っていないと、自分のやっていることが誰にも知ってもらえず、その市場で生き残れないからです。そもそも、個になんてフォーカスされている??という疑問をお持ちの方がいらっしゃるかもしれませんので、具体的に説明をしていきましょう。

今、モノを売り買いするプラットフォームが変化しつつあります。以前は大きなメーカー(製造者)が大きな卸業者に卸し、その卸先がさらに卸・・小売店が消費者へモノを売っていました。もちろん今でも存在している流通です。しかしそれが、Amazonのようなネット上のプラットフォームが登場し、変化が起きましたね。Amazonという巨大なプラットフォームにメーカー(製造者)も卸も商品を置き、そのプラットフォームに消費者が買いにくるスタイルに変化しました。そして、さらに今、DtoCへと進化しています。

Image for post
Image for post

アメリカ、ニーナ社の子会社である、FiberMark社の紙、MATAL-Xを使用してバインダーを作成しました。

FiberMark社は、アメリカ、マサチューセッツ州にあり、1861年に設立された製紙業100年以上の歴史を誇る装飾紙メーカーです。製紙からコンバーティングまで自社一貫生産体制で高品質な製品を作っておられ、最高度の品質の実現のため、全工程にわたって各ステップを厳しく管理。パーフェクトな製品を作り続けており、真の製品価値を追求する世界中に顧客を持つ素晴らしい会社です。

そして、私が今回選んだ大事なポイントは、環境保護にとても力を入れているところ。

ファイバーマーク社は長きに渡って、環境保護を意識した生産を心がけています。原材料から鉛・重金属を追放。処分時にダイオキシンを発生しないPVCの代替素材として、安全性を求める方々からも高い評価と指示を得ています。また積極的に、FSC(Forest Stewardship Council 森林管理協議会)認証の取得を推進し、森林保全に貢献するべく日々取り組んでいます。ステキ。 そして、サイトのトップに「~your brand’s promise」(あなたのブランドの約束)を助けるっていうメッセージが入っているので、この紙でやるぞと決めてお客様に提案しました。

みなさん、こんにちは!

ファスティング(断食)を只今実施中で、頭痛がします。食を断つというのは、本当にツライですね。そんなに食に興味のない私でも、食べ物の写真を見ただけで、クラっとします。あぁ・・寒ブリが食べたい。

さて、食べ物のことは忘れて、今日は自分らしいファッションについてお話ししたいと思います。パーソナルブランディングをする際は、自分のお洋服について、気を配る必要があります。

Image for post
Image for post

自分に似合う服とは

極端な話をしますが、例えば弁護士なのに、短パンとよれよれのTシャツで、ビーチサンダルを履いて、頭はボサボサで、挨拶もロクにせずぶっきらぼうな人と、ビシッとスーツを着て、ネクタイを締め、靴も革靴できちんと手入れがされていて、頭も爽やかな短髪で、挨拶も丁寧で笑顔もステキな人だったら、どちらを相談相手に選びますか?

初対面で会ったときに、好印象なのはどちらでしょうか?ちなみに、同じ大学を出て、同じ年齢で、勝敗も同じくらいだとしてください。スキルは、変わらないってことです。

第一印象が大事な理由

おそらく大半の人が、ビシッとスーツを着た人に好印象を持ちます。第一印象というのは、思っている以上に重要です。人は、第一印象で「この人はきっとこういう人だ」と決めつけます。そして、自分の脳にインプットします。だから、2回目会ったときに、ちゃんとした格好をしたとしても、1回目の不安を払拭できないのです。

最初が肝心です。

あなたの内面の良さを知らない相手は、まず外見であなたを判断します。

だから、ターゲット(お客様)に嫌われない服装をしなければなりません。仕事中は、無頓着な服装より、お客様に好まれる安心感や清潔、信頼してもらえるような服装を選んでください。とはいえ、そんな服、自分には合わない!と思ったり、そもそもどんな服か想像つかない方もいらっしゃると思います。

みなさん、こんにちは!

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

毎年毎年、年末年始に休めない私が、ついに!!!休めました。楽しい年末年始だったなぁ。

そして何だか、2020年と2021年の狭間にずっといる気分です。

しいたけさん(占い師)からのメッセージは、「脱線こそが我が人生!ノリと気合で常識を覆し、革命を起こしていく」です。ブレずに面白そう!を大事に選択していったらいいと、仰っているのでそのようにいたします。全部はここに書くと著作権の問題もあるから書きませんが、本当に私の背中をいつも押してくれるしいたけさん。今年1年も頑張れる気がします。

さつきデザイン事務所
さつきデザイン事務所

2021年に私がどうしてもやりたいこと。

①大学院に行って社会と芸術との新たな関係を研究します。

受かるかどうかわかりませんので、受かるようにどうか心優しく祈っていてくださると嬉しいです。受かれば4月から大学院生です。社会の課題を解決し、人類の新たな価値をつくりだす、創造的な思考能力をより高めたい。そして、社会や地域に対して創造的に働きかけることのできる高い構想力を身に着け、その学びを私と出会う人々に貢献できればと考えています。

②海外の案件を受ける。

そのために英会話を毎日やっておりますが、でも、海外にいる日本人でもいいわけです。とにかく、国内の案件ではなく、海外の案件を直接受けてみたい。純粋にこれは、挑戦です。コミュニケーションがうまくいかず、炎上するかもしれないし、お金のやりとりで揉めるかもしれないけど、それでも、やってみたい。私の当たり前と相手の当たり前が衝突して、ものすごいストレスかもしれないけど、それでもやってみたい。できることなら、アラブ。アラブのデザイン案件を受けたいです。

③ブランディングのオンラインセミナーを実施する。 色々ためらって、去年はできませんでした。個別は何回かやりましたが、やっぱり数人とつないでみたい。オンラインでやっても、面白かったなーとか、ためになったなーって思ってもらえるような内容を考えているので、早々に実施します!本当は、明日にでもしたい気分です。LINEでお友達登録してくれると、無料参加券が時々配布されます。よろしければ、ぜひお友達になってください!

去年も同じことを言いましたが、私は、私とかかわることでその人が笑顔になる瞬間が、一番好きです。それが、毎日続いたら、私は最高にハッピーだなぁと思っています。人の心が豊かになれば、その豊かな人がこの先出会う誰かに、やさしくできると思うのです。そうやって、やさしさとか幸せが、人から人へつながっていくことを創り出す、それが私の一生をかけてやりたいことです。

ということで、オンライン/オフライン問わず、私はみなさんとともに自由に楽しく生きていけたらと思っておりますので、2021年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。

— — /

さつきデザイン事務所(大阪府豊中市)は、パーソナルブランディング・コーポレートブランディングを主たる事業としています。人と企業(事業・商品含む)分析を行い、ビジネスシーンで使える「最強のブランド」を創造し、浸透させるお手伝いをしています。 中小企業もブランディングが、必要な時代です。さつきデザイン事務所では、特に、モノづくり企業、個人事業主の方々を応援しています!http://satsuki.design

Image for post
Image for post

みなさん、こんにちは! 先日、久々に外に出てみたら、とっても暖かかったです。でも、最近、いきなり寒くなったりもするので、体調が不安定になりますね。うっかりコロナに感染しないよう、細心の注意を払いながら活動を続けたいと思います。

さて、今日は新しいことに挑戦する方法について、お話ししたいと思います。みなさんは、どういうときに新しいことに挑戦したいと思いますか?

Image for post
Image for post

こんにちは!みなさん、いかがお過ごしですか?

私は、早く来年にならないかなぁと、2021年を待ち焦がれています。もう、第3波とか辛すぎるので、早く2020年は終わってほしい。そして、早く2021年の春くらいになって、コロナを気にせず、ワクワクしたいです!

さて、今日はブランディングしたら、儲かるの?という・・・、率直なご質問にお答えしたいと思います。

Image for post
Image for post

私らしさって何だろう?

私らしく生きたいと思っているけれど、そもそも「私らしさ」が何なのかわからない。どういうときに楽しいと感じ、どういうときにツライと感じ、そして、どういうときに怒りを感じるのだろう?ふとしたときに、自分について考えてみるけれど、毎日「忙しい」を理由に自分のことは後回し。

— — -

私は、今、ブランドマネージャーという仕事をしています。この職に就いて数年、私なりに出した「私らしさ」とは、私が幸せを実感できる状態で生きていくこと。でも、幸せと感じる瞬間は、人それぞれ異なるから、具体的に「私らしさ」を差し出すことができません。その代わり、私は、そこに辿り着く方法は知っています。

自らの価値観を知って(自己理解)、それを言葉にして、自分のゴールを決めて、毎日ゴールへと積み重ねてゆく。そうすれば、自分の軸が定まり、私らしさが見えてくるでしょう。でも、今回のように予測できない事態が起きると、自分の思うようにはいかず、先行きが不安になりますね。さらに、自分だけでなく、周りも混乱している状況だと周りに影響され、自分の軸を見失ってしまうことも。

だから、今、「私らしく」生きていくために、パーソナルブランディングの方法をお伝えしますので、皆さんが自分自身で自分をプロディースできるようになってほしいと思います。生きづらさや不安を感じてらっしゃる方は、自分を知って「私らしく」生きることができる。そして、独立や副業、起業したい方は、自らの強みを知って、自己整理してゴールへ進むことができます。私は、皆さんが、私らしく生きて、ハッピーな毎日を送れるように、サポートします。

<流れ>
①お互いの自己紹介(5分)
②ブランディングとは何かについてお話しします(20分)
③ご相談をお聞きします(60分)
※ご相談内容によってはワークをします。
④今後について(5分)

1対1の個別オンラインセッションとなります。(ZOOMを使用する予定です)こちらよりお申込みください。ご希望の日時が選択できない場合はメールにて、ご連絡ください。

自らの強みを知って、私らしくハッピーに生きていくために、パーソナルブランディングをオンラインで学びましょう!

申し込みはこちらから

こんにちは。

何だか、すっかり冬。私は今日、暖房をつけました。
あまり外には出ないけど、衣替えもしないといけないですね。
今年の冬は、どんな服が流行るのかな?

さて、今日はニーズについてお話ししたいと思います。

ニーズとは、

ニーズ (needs)は、欲求要求(require)、需要(demand)。
マーケティング用語として用いる場合、フィリップ・コトラーの定義によれば、人間生活上必要なある充足感が奪われている状態のこと。
顧客の意識のしかたによって2種類に分類できる。
顕在ニーズ顧客が「これが欲しい」と具体的、明確に表現する需要(demand).
潜在ニーズ顧客がまだ気付いていない、または明確に表現できず、宣伝・商品を見て初めて「こんなものが欲しかった」と気付く需要。
WIKIより引用

みなさんは、自分のやりたいことで起業しましたか?

今、自分のやりたい事業をやっていますか?

そして、今、自分のつくりたい商品を作っていますか?

自分のやりたいことをやるのは、とてもいいことだと思います。なぜなら、自分のやりたくないことを続けていくのは、とてもつらいことだからです。ただ、その自分のやりたいことをやって対価を得る場合は、それを必要とする相手が必要になってきます。

どこにも必要としている人がいないビジネスでは、対価を得ることができません。

だからまず、今、自分がやりたいと思っていることが趣味なのか、ビジネスなのか自分に聞いてほしのと、もし、ビジネスの場合は、顕在ニーズと潜在ニーズを捉えてやろうとしているか、俯瞰して自分自身を見てほしいと思います。

ちなみに今日は、自分のやりたいことをビジネスとしてする人に向けてお話をします。

皆さん、お客様の本当のニーズを、理解しているでしょうか。それは、ユーザー数でもなく、売上で計るのでもなく、「お客様の本当のニーズ」です。

今、やろうとしていることは、一体、誰のための事業・サービス・モノづくりなんでしょうか。

女性のため、ばっくり世の中の人全員・・・とかではなく、具体的に「誰」なのか明らかにしてほしいです。定義してしまうと、間口を狭めることになるから、「全員」と仰る方もいらっしゃいますが、・・・そんな世の中の人、全員、もしくは女性全員を受け止めることはできないですよね?私と娘とで、同じニーズを持っているか考えてみましたが、ほぼ一致することはないです。だから、結果として、事業を展開した際に女性全員が、その商品を買うかもしれませんが、まずは、どういうニーズを捉えて、このサービス・この商品を実施したいのか、明確にしてほしいと思います。

そんなことは、どうでもよくて、自分が作りたいものを知ってほしい!自分の作ったカッコいいものを、わかってほしい!という自分主体で進めたいのであれば、それは、アートです。アートを希望される場合は、いつか花が咲く日まで、やり続けることができる、お金と環境を維持できるか、自分に問うてください。

ビジネスという観点で申し上げると、あるべき姿はそれを使う人、そのサービスを受ける人、そういう人たちと深く話をして、その人の視点に立って、理解をして、ニーズを読み取らねばならないと、私は思っています。プラス、未来を読む「先見の目」が必要です。

顕在ニーズも潜在ニーズも、数値やデータばかり見てみても答えは見つかりません。なぜなら、人は、感情に左右されるし、言っていることは曖昧だし、 昨日はYESって言ってたのに、今日はNOって言っている・・そういう不安定な生き物だからです。数値ですら、明確な答えではありません。

だから、その曖昧さも受け入れて、落としどころを見つけていく。

お客様のニーズを捉えながら、自分の直観力(経験)で結論を出します。

つまり、お客様の要望ばかり聞いてしまうのもNGです。お客様にこれやってほしいって言われたから、できないことはないしやってみる。あれもこれもと、どんどん増えていくサービス。ニーズを聞きすぎてしまうと、どんどん横幅が増えて、回しきれなくなりトラブルが多発し、人件費や経費がかかり結果として収益が下がります。

お客様のニーズに応えるときに考えてほしいことは、自分しかない強み、差別化できるサービスで、そのサービスで、世の中のお困りごとを解決できるか、です。この問いにYESと答えることができるのであれば、ビジネスとして成立してきます。

ニーズを正しく理解して、先見の目を持って歩み、自分しかない強みで差別化できるサービスを構築し、そのサービスで世の中のお困りごとを解決する。

そうすると、ブランディングも生きてきますね。

Image for post
Image for post

— — /

さつきデザイン事務所(大阪府豊中市)は、パーソナルブランディング・コーポレートブランディングを主たる事業としています。人と企業(事業・商品含む)分析を行い、ビジネスシーンで使える「最強のブランド」を創造し、浸透させるお手伝いをしています。 中小企業もブランディングが、必要な時代です。さつきデザイン事務所では、特に、モノづくり企業、個人事業主の方々を応援しています!http://satsuki.design

みなさん、おはようございます!

2020年は、悲しいニュースが多すぎて、ポジティブな私でもまいりそうになります。

人がたくさん死に過ぎている。
コロナも悲しいけれど、自殺も悲しい。

何があったにせよ、死ぬ前に、誰か自分のことを知らない人に相談してほしいと思います。(※自分のことを知っている人には、相談できない状況と鑑みて)

暑くて暑くてうんざりしていた夏が終わり、秋の訪れを感じる季節の変わり目。快適なはずが、私もさすがに心の揺らぎを感じます。油断していると、心を持っていかれそうな感覚。

だから、私は、未来のことを考えます。
10年後の世界。20年後の世界。世の中はどうなっているのでしょうか。
10年後の娘は、18歳。20年後は、28歳。どうしているかな?何をしてるかな。

私には、産んだ以上、娘を育てる責任があります。娘の成長をこれからもずっとそばでみたい。そして、娘の生きる世界を少しでも良くしていきたいと・・・、そう思って、毎日、ツライことが多いけど、痛みと共に、今を生きることにしています。

— — -

さて、今日は、私の強みである「勇気づけること」についてお話ししたいと思います。

勇気づけることは、ほめることとは異なります。

まず、私が、勇気づけるためにすることは、会社やチームの中で「自分はここにいる」という軸を持ってもらうことです。そして、社員や取引先、チームメンバーなど、関係者に対して信頼を持ってもらうこと。何事も、信頼の上に成り立っています。関わる人たちを尊重して共感することの大事さ、ひとりよがりな自分の主観は捨ててもらいます。

あなたの目標が関係者に共有されると、関係者から共感と協力が得られます。そうすると、あなた自身が世の中のために、そして人のために、役立っているということを実感します。あなたがやっている事業を、楽しみにしてくれている人がいることを、実感してもらいます。

ちなみに、「もっと、できることがあるでしょう!」とか、「どうして、そんなこともわからないの!」とか、「とにかく、限界までがんばれ!」とか、「できる!」「大丈夫!」とか(笑)、そんな、スパルタ的且つ、安易で無責任な「勇気づけ」は、決してしません。私のポリシーに反しますし。

私が思う勇気づけとは、成功だけを評価するのではなく、失敗も許容する。

つまり、失敗を非難しないです。あなたが実行したそのやる気を大事にします。さらに、あなたが失敗しないように、私が判断し実行することもありません。つねに、あなたはどう思うのですか?という風に、相手に判断を委ねます。

成功に導いてくれるのがコンサルだろ?と思うかもしれません。ずるい・・と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、私が、判断してしまうと、それは、あなたの勇気づけにはなりません。だから、誰に何を言われようとも、私は、あなたの挑戦は、止めません。それが、失敗するとわかっていても。

私が、大事にしていることは、失敗を予測して先回りして助けるのではなく、その人の強みを理解し、その強みを正しく使えば、必ず成功すると信じること、つまり、その人のできるという気持ちに寄り添うことです。その挑戦は、あなたにとって意味のある挑戦だから、止めない。

但し、血を見る大きな失敗や、危機的状況に陥らないか、会社や事業が回らなくならないかは、客観的に判断し、アドバイスをしますよ、もちろん。

失敗したっていいんです。
その失敗が、許される程度なら。

失敗したっていいというマインドを持つということが、重要なのです。

失敗したっていいというマインドを持つと、自分で自分のありのままの状態を受け入れることができるようになり、そして、自分の強みを上手に使うことができるようになっていきます。自分の一番の味方は、自分です。事業をやっていたら必ず起こりうる、困難な状況。その時に、失敗したっていいというマインドがあれば、そこから這い上がれるようになります。

究極のピンチに、楽観主義でいられることが、大事なのです。

失敗=単なる危機管理能力のなさ、ではなくて、究極に追いつめられたときに「自分なら逆転できる!」という強い信念を持つことこと。自分の性格上・・気弱でそういうのは、難しいと仰る方もいます。確かに、性格を変えることは、とても難しいのですが、自分自身のことなので、自分が変えようと思えば、変えられるものです。

信念さえあれば、考え方も習慣も行動も感情も変えることができる。

また、私のお客様の中には、起業したての社長もいれば、代々その事業を受け継いでいる社長もいらっしゃいます。この代々続く会社には、長年続けてこれたノウハウが、すでに存在しています。

できたてほやほやの強みとは違い、長年培われた強み。

だけど、それがその会社の一部となりすぎていて、社長も社員もそれに気が付かないのです。その価値を、皆が認識してくれたら・・といつも思います。当たり前になりすぎていて、誰の目にも留まらないのです。それを私は見える化します。会社の強みや価値を言語化し、今の時代のニーズにのせることができば、軌道にのります。

ただ、誤解をしないでいただきたいのですが、先ほども申し上げた通り、私が戦略を練り、実行し、リーダーシップをとるわけじゃないのです。それをするのは、お客様。あなた自身です。あなたが自分自身でできるように、私は勇気づけをしていきます。

いつしか、自分で自分を勇気づけることができるように。

さてなぜ私が、人を勇気づけることができるかというと、これに関しては経験だなぁと思います。今まで、色々な事業に携わってきて、失敗もたくさんありました。その失敗を見て、私自身も傷を負って学んだのです。

さらに、私は、自分らしさを自分で認めています。私には、いい部分も悪い部分もあることを、自分で理解しています。それをわかった上で、人と接しています。その関係性の中で、私自身が、世のため、人のために役に立ち、人を幸せにできたと実感しているから、きっと、あなたのことも勇気づけることができるのだと思います。

Branding manager
Branding manager

— — — /

さつきデザイン事務所(大阪府豊中市)は、パーソナルブランディング・コーポレートブランディングを主たる事業としています。人と企業(事業・商品含む)分析を行い、ビジネスシーンで使える「最強のブランド」を創造し、浸透させるお手伝いをしています。 中小企業のブランディングが、必要な時代です。さつきデザイン事務所では、特に、モノづくり企業、フリーランスの方々を応援しています!http://satsuki.design

About

SATSUKI DESIGN OFFICE

We design brand to increase the value of personal and companies. Of course, we also create promotion tools based on brand.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store